まだ日本では公開されていない、ブラッド・ピットの最新主演作
『ジャッキー・コーガン(原題Killing Them Softly)』
は全米では去年11月から公開されているようですが、その映画の興行収入が
芳しくないとの事。

今回の映画はプラピ自ら制作指揮をとり、カンヌ国際映画祭でもプレミア上映まで
されたようですが、コケた理由が

『プラピの顔の皺が悪い』

と映画制作サイドがそう発言しているようです。
これは酷いですね。

なんでも

「シワシワの顔が昔のプラピのイケメンだった頃のイメージを台無しにさせる。
ファンは彼のシワのない若くてイケメンの時の顔が好きだから」

だそうですよ。

歳をとると自然とシワや弛みが出来てしまうのは仕方ない事ですが
安易に整形するのもどうかと思うのですが、映画が売れなかった理由を
プラピの劣化のせいにするのも酷い話です。

海外スターの間では整形は当たり前なのかもしれませんが、プラピにいたっては
自然のまま歳を重ねていきたいとの事で、シワを取ると言う事にも反対。
シャネルのポスターも修正なしと頑なに修正を拒否したらしく、シワシワの顔が
ポスターに映っている、と関係者が語っているそうです。

そのせいか(?)シャネルのポスターはワースト1に選ばれたんでしょうか。

プラピ シャネル

確かに若い時のプラピに比べるとシワがありますが、シャネルは大人のイメージ
ですし、これぐらいの年齢の重ね方って素敵だと思うんですけどね。
49歳にもなってシワがまったくなくて若いままの顔って、すぐに整形だって
バレてしまうんですけど・・・。
そっちの方が痛々しい気がしませんか。

私はこっちの方が素敵に歳をとってるなーって思うので好きですけどね。